脇が臭うワキガは有名ですが、すそわきがはそんなに知られ

脇が臭うワキガは有名ですが、すそわきがはそんなに知られていないようですね。

 

すそわきがは陰部から出る臭いで、正式名称は外陰部臭症です。

 

わきがは身体の部位に限らず病気ではなく、優性遺伝で起こることが多い体質的なものです。

 

男性よりも女性に多く、月経中や性交渉のときに臭いがひどくなります。

 

臭いのせいでパートナーを作ることをためらう人もいるほどです。

 

人間の汗腺のひとつのアポクリン腺が存在する場所は、脇の下・陰部・乳輪などの限局部位です。

 

アポクリン腺はみんなに存在し、粟粒のような形で皮膚の裏側に並んでいます。

 

わきが体質で困っている人はアポクリン腺の数が多くあり、比較的ひとつひとつの粒も大きくなっています。

 

その数ははじめから決まっていて、大きさは第二次性徴頃に男性女性ともに大きくなり、老年になると小さくなっていきます。

 

ここから出るにおいは、もともとは異性を引きつけるフェロモンの役目を果たしていました。

 

足の臭いの主な原因は、足の裏で繁殖してしまった雑菌です。

 

靴などを履いていると湿度も温度も上昇するので、細菌が増えやすい環境になるのです。

 

足裏にはエクリン腺がたくさん存在し、掌と同様に緊張や不安などの精神的なことで発汗します。

 

自分なりに靴などのムレを防いで、清潔にして制汗剤などを使用すると良いでしょう。

 

陰部の臭いに関しては、女性特有の悩みでしょう。

 

経血やおりものなどは、みんな少しは臭うものですが、病気のサインとして臭うこともままありますので、いつもと違ったら注意が必要です。

 

臭いの原因は雑菌とアポクリン腺から出る汗です。

 

デリケートゾーンは高温多湿で、細菌がとても繁殖しやすい環境になっているのです。

 

対策は陰部をきれいに保つことです。

 

ワキガの臭いは他人に迷惑をかける恐れがありますから、日頃からケアが必要です。

 

脇の下の毛は剃り、清潔に保って細菌の繁殖を抑制し、制汗剤などを使いましょう。

 

クリームタイプやスプレータイプなどのケア用品があるので、自分に合ったものを選びましょう。

 

食事内容に注意するだけでも、多少臭いを減少させることが可能です。